1. トップページ
  2. 免許書き換え料金[更新・失効・再交付]

小型船舶操縦免許に必要な諸手続き

海事代理士事務所

当事務所は海事代理士事務所として、小型船舶操縦士免許の更新・失効・紛失再交付等から、新しい免許の交付申請まで、すべての諸手続きの代行サービスを行っています。お気軽にご相談下さい(相談料は無料です)。
※運輸局への免許証交付申請手続き等は、本人または海事代理士のみが代行して行うこととされています。

操縦免許証には有効期限があり、
5年毎に更新が必要です。

操縦免許証には5年の有効期限があり、更新手続きは有効期限日の1年前から行うことができます。
(有効期限は免許証に記載されています。)
有効期限前に更新手続きをしても、免許証の新しい有効期限は現免許の有効期限から起算して5年間となります。

有効期限が過ぎてしまった操縦免許証は失効となり、船舶を操縦することができません。
ただし、失効した免許証でも免許の資格がなくなるわけではないので、失効再交付講習を受けることで新しい免許証の交付を受けることができます。

操縦免許証を紛失・き損した場合は紛失再交付申請を行って免許証の再交付を受けることができます。
氏名・住所・本籍の都道府県名が変更になった場合はすみやかに免許証の記載事項の訂正手続きが必要になります。
更新と紛失、失効と紛失、更新と訂正など諸手続きを同時に申請して新しい免許証の交付を受けることもできます。

各種お手続き

ご自分に必要な手続きをご確認いただき、該当をクリックしてお申し込みください。

※更新期間:免許証に記載されている有効期限日からさかのぼって1年以内

※更新期間とは免許証の有効期限の日からさかのぼって1年以内の期間を指します。
※紛失・更新・失効手続き時に本籍の都道府県名・氏名・住所に変更があるときは、運輸局申請時に同時に訂正申請を行います。

更新・失効再交付の要件

操縦免許証を更新するには、身体適正基準(操縦試験の身体適正基準と同じ。ただし色覚の部分を除く)を満たし、かつ、次の要件のいずれか一つを満たしていなければなりません。

  1. 登録講習実施機関(JMRAなど)が行う更新講習(身体検査含む)を申請前3ヶ月以内に修了していること。
    ※失効の場合は同じく失効再交付講習を申請前3ヶ月以内に修了していること。
  2. 5年間で船長として1ヶ月以上の乗船履歴があること。(詳細は運輸局)
  3. 前項の乗船履歴がある者と同等以上の知識及び経験があると地方運輸局長が認めた者(詳細は運輸局)

小型船舶操縦免許証 手続き別料金一覧

手続き別料金一覧(税込)
更新 8,500円 更新講習受講料 3,450円、身体検査料 750円、免許交付印紙代 1,350円、申請代行料 2,950円
※住所など記載事項「訂正」や「紛失」の場合に、同時手続きの追加費用はいただいておりません。
失効 14,000円 失効再交付講習受講料 8,250円、身体検査料 750円、免許交付印紙代 1,250円、申請代行料 3,750円
※住所など記載事項「訂正」や「紛失」の場合に、同時手続きの追加費用はいただいておりません。
紛失 4,500円 免許交付印紙代 1,250円、申請代行料 3,250円
※住所など記載事項「訂正」がある場合の同時手続きの追加費用はいただいておりません。
訂正 4,500円 免許交付印紙代 1,250円、申請代行料 3,250円
※免許証を「紛失」している場合の同時手続きの追加費用はいただいておりません。

【グループ割引】
2名以上のグループで書き換え手続きのお申し込みの場合は、お一人様300円の手数料割引をさせていただきます。
お一人【更新】8,200円、【失効】13,700円