1. トップページ
  2. ボート免許とは

小型船舶操縦免許(ボート免許)とは

ボート免許(小型船舶操縦免許)とは、総トン数20トン未満又は全長24m未満の船を操縦するのに必要な国家資格です。
(※エンジン付きのボートの操縦にはおおむね免許が必要ですが、長が3メートル未満で、推進用エンジンが出力1.5kw(約2馬力)未満のエレキモータの船など、一部免許が不要なものもあります。)

免許の種類や年齢によって、操縦することのできる船舶の種類や航行区域に違いがあります。


小型船舶操縦免許の種類


免許の種類と航行区域図

▼上から順に・・・

  1. 免許の種類
  2. 操縦できる船の種類・大きさ
  3. 航行区域※1
  4. 免許取得年齢
  5. 受験可能年齢
1級小型
船舶操縦士
総トン数20トン未満または24m未満
※水上バイクは操縦できません
無制限※2
18歳以上
17歳9ヶ月以上
2級小型
船舶操縦士
総トン数20トン未満または24m未満※3
※水上バイクは操縦できません
5海里以内
(約9km)
16歳以上
15歳9ヶ月以上
特殊小型
船舶操縦士
水上バイク(Marine Jet)専用
2海里以内
(約3.7km)
16歳以上
15歳9ヶ月以上
特定操縦免許
1級または2級免許所持者の旅客免許※4
 
16歳以上
講習で取得
  • ※1 航行区域の1海里は1,852m、5海里=約9km、2海里=3.7km。
  • ※2 1級免許で海岸から100海里以遠を航行する場合は、6級海技士(機関)以上の乗船が必要です。
  • ※3 2級免許は18歳になるまでの期間、船舶の大きさが5トン未満のものに限定されます。
    2級免許には、湖川のみでの操縦を限定する「湖川小出力限定」免許の制度もあります。
  • ※4 旅客船や遊漁船等の人の運送をする小型船舶の船長として操縦するために必要な資格です。『小型旅客安全講習』を受講すれば取得できます。講習は、海難発生時における措置や、救命設備等に関する内容が中心となります。この講習は小型船舶免許取得前でも受講することが出来ます。尚、平成15年6月以前に免許を取得した方は、すでに「特定操縦免許」を所有しています。免許証の資格欄(「特殊」の下欄)に「特定」と入っていますのでご確認ください。

選び方のススメ


取得までの流れ

免許制度

小型船舶操縦士免許(ボート免許)制度の法的根拠は、『船舶職員及び小型船舶操縦者法』に定められているものに基づきます。
国の管轄省庁は国土交通省で、地方を管轄するものとして地方運輸局(関東運輸局など)や運輸支局があります。
小型船舶操縦士の免許の申請・交付・更新などは、主にこの地方運輸局が手続きの窓口となっています。

操縦免許取得までの流れ


ボート免許の取得までの流れは図のとおりとなっています。
取得方法は3通りあり、一番の大きな違いは取得費用です。

受験と免許交付に必要な費用は全国一律で下記の通りとなっていますが、講習費用と、受験および免許交付手続を代行依頼する海事代理士手数料の差が費用の違いとなってきます。

船舶免許取得方法(操縦免許取得までの流れ)

受験料と免許交付に必要な【全国一律費用】
  1級 2級 特殊
学科試験手数料 6,600円 3,550円 2,900円
実技試験手数料 18,900円 16,400円
身体検査手数料 3,450円
免許交付税 2,000円 1,800円 1,500円
合計 30,950円 27,700円 24,250円

ボートスクールの講習コースには、学科を独学で、実技のみ講習実施するコースでの料金設定となっているところや、通常、学科講習を1日行うところを半日で省略して行うところもありますので、講習料金の比較だけで判断せず、どんな講習内容と時間で実施しているのかも、試験内容をしっかり学習するうえでとても大切です。

  1. コースタイプ
  2. 参考
  3. 費用
個人独学・受験コース
独学で学科・実技の勉強して、国家試験を受験する方法
⇒国家試験受験に不安のあまりない方
【全国一律費用】
※受験申請および免許交付手続をすべて自分で行う場合。
※手続を海事代理士に依頼する場合は、海事代理士の代行手数料(5,000円前後)がプラスされます。
教習所受講・受験コース
SEAGULL BOAT LICENSE(シーガルボートライセンス)、相模海事代理士事務所
ボートスクール(小型船舶教習所)で学科・実技の勉強して、国家試験を受験する方法
⇒不安なく試験を受験したい方
【全国一律費用】
+【スクールの講習費用】
+【申請手続代行費用】
試験免除・講習コース
国家試験免除の登録ボートスクール(登録小型船舶教習所)を受講し、そのスクールの学科審査・実技審査に合格して取得する方法
⇒試験の受験合格に自信がなく、費用が高くても受験せずに免許を取りたい方
【全国一律費用】
+【スクールの講習費用】
+【申請手続代行費用】
※国家試験を免除するため講習時間が長くなっている分、【受講・受験コース】より合計費用が30,000円前後割高に設定されています。また講習日数も多く設定されているところが一般的となっています。

当スクールは【教習所受講・受験コース】にあたるボートスクールですが、多くの方に気軽にボート免許を取っていただきたいと願っていますので、受講者の全員が合格できるよう 講習時間はしっかりとって、かつ、低料金 でご案内させていただいております。