1. トップページ
  2. 免許取得コース料金
  3. 受講申し込みから免許証交付までの流れ[ 免許取得コース共通 ]

免許取得の受講申し込みから免許証交付までの流れ[ 免許取得コース共通 ]

Step1
試験日程・会場選定

まず、ご希望の試験日程・会場を、下記の「試験日程・会場」のリンクページからお選びください。
試験日程・会場が不明な場合は、お問い合わせ下さい。

※国家試験は小型船舶操縦士試験機関であるJMRA(日本海洋レジャー安全・振興協会)が実施します。

Step2
受講申し込み

下記、受講申し込みボタンの「受講申し込みフォーム」、またはお電話でお申し込み下さい。

「申し込み受付確認メール」が届きましたら、講習費用を指定銀行口座へお振込み下さい。

費用振込先銀行口座

・ジャパンネット銀行 すずめ支店(普通)4866293 / 口座名義:サガミカイジ
・みずほ銀行 小田急相模原支店(普通)1228054 / 口座名義:サガミカイジ

※振込み手数料はご本人の負担となりますので、ご了承下さい。
※こちらからご案内する指定期日までの入金をお願いいたします。入金確認できない場合はキャンセルとなる場合があります。

不明な点は電話またはメールなどでお気軽にお問い合わせ下さい。

Step3
講習日程決定・受験申請

「受講申し込みフォーム」に記入された、ご希望の試験日・会場の空席確認結果と、講習日程(案)をご相談させていただき、試験日程及び講習日程を決定します。受験日が決まりましたら、こちらで受験申請をし、受験票をお渡しします。

わがまま日程、お聞きします!ご都合に合わせて講習時間を分割(3~4時間を2回、2時間を3回など)しての、通勤・通学帰りの夜間講習や土日のみの講習などのご相談にも応じます。

こちらから必要書類を郵送いたしますので、ご記入の上、住民票、写真をご準備いただき返送していただきます。

《書類送付先》〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野5-26-2-2B 相模海事代理士事務所

▼試験日まで日数の少ない場合など、お急ぎの場合は、必要書類をダウンロードしてご準備ください。

【必要書類】

1.本籍記載の住民票(マイナンバー記載なし) / 1通

本籍地記載、マイナンバー記載なしの1年以内の発行のもの。
※受験申請にはコピーを使用し、原本は免許交付申請に使用します。
※今回受験する操縦免許以外の操縦免許を所有している場合で、本籍・氏名・住所に変更のない場合は不要です。

2.写真 / 3枚

試験申請日前6ヶ月以内に撮影したもの。縦4.5cm × 横3.5cm(パスポートサイズ)。
PCで印刷したものは不可。

4.身体検査証明書

※試験会場で身体検査を受けないで、身体検査証明書を提出する場合のみ。
身体検査証明書(医療機関証明書)

5.操縦免許証のコピー

※今回受験する操縦免許以外で所有している操縦免許がある場合のみ。
※操縦免許証を紛失している場合は、滅失顛末書が必要となります。
滅失顛末書(運輸局用)

6.特殊小型操縦同意書

※特殊小型免許取得コース受講の場合のみ。
同意書(特殊小型講習用)・・・1通
同意書(特殊小型試験用)・・・1通

Step4
講習受講

すべての講習は国家試験の内容に沿って行います。また少人数制が基本となりますので、丁寧でわかりやすい講習でしっかりサポートいたします!

【学科講習】

学科講習は筆記用具をご用意ください。1級、またはステップアップコースの上級科目講習及び試験では、海図問題で30cm型三角定規・デバイダー・コンパスを使用します。購入希望の方は「受講申し込み」の際にお申し出ください。

【実技講習】

実技講習は、国家試験(藤沢試験会場)と同じゲレンデ・桟橋を使い、教習艇も試験艇として使用されている船で練習します。実技講習会場は藤沢市・江ノ島(小田急片瀬江ノ島駅から徒歩3分)です。

※特殊(水上バイク)の実技講習は、ウエットスーツなど水に濡れても良い準備をお願いします。(有料レンタルもご用意しております)
※実技講習は、波や風などの気象条件が悪い場合は講習を延期する場合がありますのであらかじめご了承ください。
※希望される場合は学科講習の補講を無料で行います。実技講習の補講は有料となります。

Step5
国家試験受験

身体検査は、視力、色覚、聴力、眼疾患・疾病、身体機能の障害の有無について行います。

※身体検査についてはJMRAの詳細ページをご覧下さい。
※試験会場で身体検査を受けない方は、講習受講申し込みの際に「身体検査証明書提出」を選択して下さい。

学科試験は、2級が一般科目70分。1級が一般科目70分(2級受験者と一緒に受験)、上級科目70分、合計140分。
1級ステップアップが上級科目70分。特殊が一般科目50分。

実技試験は、1日で学科と実技の両方の試験を行う試験日程の場合は、学科試験終了後、受験番号順に3名ずつの乗船で、実技試験が順次行われますので、受験番号が早い場合はお昼ころには試験が終了します。1級受験者は、2級受験者の実技試験の終了後、受験番号順に続けて実施されます。