「 小型船舶操縦士 試験対策 」 一覧

実技試験 よくある失敗例「応用操縦」編

小型船舶操縦士(1級・2級)実技試験 よくある失敗例「応用操縦」編 【人命救助】 ① 行き足が足りず速力不足でブイに近づけずブイの回収に失敗 ② 行き足が残りすぎて速力超過でブイが通過してしまっ

続きを見る

実技試験 よくある失敗例「基本操縦」編

小型船舶操縦士(1級・2級)実技試験 よくある失敗例「基本操縦」編 【安全確認】 ① 航行中に見張りを全く行わなかった(直進状態を維持しているときに見張りを全くしていない) ② 全般的に後方の安

続きを見る

実技試験 よくある失敗例 「小型船舶の取扱い」編

小型船舶操縦士(1級・2級)実技試験で、よくある失敗例をまとめてみました。 1級・2級の実技試験の合格率は実技講習を受けていれば98~99%くらいなので、ほとんど合格できますが、失敗(減点対象にな

続きを見る

1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その6

問53-3パターン(自差改正なし、すべて海流あり) 流向・実航針路・磁針路で作られる平行四辺形の中にある二つの三角形を基に、その三角形の三辺のうち2つから残り1つを求める問題となります。

続きを見る

1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その5

1級上級科目の海図問題のパターン 問51-1パターンのみ(自差改正なし、海流なし) ★航行距離と船の速力から所要時間を求め、出航時間または到着時間を求めるパターン(難易度2) 自差の改正や海

続きを見る

1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その4

1級小型船舶操縦士の学科試験は上級科目14問中3問が海図問題になりますので、やはり鬼門となるのは海図問題になります。 「海図問題を制するものが試験を制する」といっても過言ではありません。 海図問

続きを見る

1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その3

小型船舶操縦士試験の試験科目及び試験時間は下記の通りです。 【1級】 一般科目(3科目)50問-70分、上級科目(2科目)14問-70分、計64問-140分【2級】 一般科目(3科目)50問-70

続きを見る

1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その2

前回、小型船舶操縦士の1級学科試験の合格率は80%程度だと書きました。 10人に2人の割合で不合格となっていますが、合格の必勝法はあるのでしょうか? あります! もちろん、合格レベルまでテキスト

続きを見る

1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その1

小型船舶操縦士の学科試験の難易度は、特殊一般科目が高校1年生、2級一般科目が高校3年生、1級の上級学科が大学1年生というレベルの感じでしょうか。 実際の学科試験合格率は、試験実施機関である海洋レジ

続きを見る

2018年4月 小型船舶操縦士 試験日程・会場

2018年4月の小型船舶操縦試験(関東)の日程をお知らせいたします

相模大野に更新・失効講習会場 新設

ボーノ(bono)相模大野にあるユニコムプラザさがみはら(市民・

2018年4月 小型船舶免許 更新失効講習日程・会場

 ☆☆☆ お知らせ ☆☆☆  ボーノ(bono)相模大野(相模大

2018年3月 小型船舶免許 更新失効講習日程・会場

 ☆☆☆ お知らせ ☆☆☆  ボーノ(bono)相模大野(相模大

2018年3月 小型船舶操縦士 試験日程・会場

2018年3月の小型船舶操縦試験(関東)の日程をお知らせいたします

→もっと見る

  • 2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • banner_umi-eki