1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その6

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 小型船舶操縦士 試験対策

mondaiyoushi

問53-3パターン(自差改正なし、すべて海流あり)
流向・実航針路・磁針路で作られる平行四辺形の中にある二つの三角形を基に、その三角形の三辺のうち2つから残り1つを求める問題となります。

流向①④:海流の流れる方向(必ず真方位で表す)。
実航針路②:海流を受けて船が実際に進んだ針路。
磁針路③⑤:船首の向き(海流がなかった場合の針路)。

 

 

★流向パターン(難易度3)
実航針路②磁針路③の三角形二辺から、海流の流向④と流速を求める問題(所要時間記載あり)。
出発点Aから磁針路③と船の速力と所要時間により海流がなかった場合の船位Bを求め。海流の影響を受けて進んだ実航針路②となる到着点Dを求めれば、B→Dの方位が流向の方位、B-D間の距離を所要時間で割ったものが流速となります。
ここでの注意点は、問題にすべて所要時間が記載されているので、その所要時間を考慮してB点や流速を求めることと、流向の方位は必ず真方位メモリで測定することです。

【例題】
問53  J号は、10時00分、大島北端の黄岬灯台を磁針方位243°、距離3海里に見る地点から、磁針路322°、速力6ノットで航行を開始した。J号はその後も同一の針路、速力で航行し、11時30分に船位を測定したところ、長浜町南方の浜埼灯台から、磁針方位180°、距離5海里の地点であった。この海域における海流の流向(真方位)、流速は次のうちどれか。
(試験用海図W150使用)

   (1)216°・・・2.0ノット   (2)222°・・・3.0ノット
 (3)228°・・・2.0ノット   (4)234°・・・3.0ノット

【正解】(3)
  ※この場合、流向を間違って真方位メモリではなく磁方位メモリで測定してしまって、流速を所要時間の
   1時間30分で計算しないで1時間で誤って計算してしまうと(4)の誤った答えになってしまいます。

★実航針路パターン(難易度3)
流向④磁針路③の三角形二辺から、実航針路②と実航速力(対地速力)を求める問題(所要時間記載無し)
この問題のパターンはすべて所要時間の記載がないので、距離を求める場合にすべて計算しやすい1時間に当てはめて計算します。(2時間でも3時間でも出る答えは同じです。)
流向パターンと同じ、出発点Aから磁針路③と船の速力により海流がなかった場合の1時間後の船位Bを求め。B点から海流の流向(真方位)、流速により、1時間に流れる海流の流れる位置D点を求めれば、A→Dが実航針路②で、所要時間を1時間としているためAD間の距離=実航速力となります。

問53  J号は、川口市南方の松埼灯台を磁針方位045°、距離4海里に見る地点から、磁針路235°、速力10ノットで航行を開始した。この海域には、流向300°(真方位)、流速2.2ノットの海流がある。J号の実航磁針路及び実航速力は次のうちどれか。
(試験用海図W200使用)

   (1)240°・・・9.5ノット     (2)236°・・・9.3ノット
 (3)246°・・・10.9ノット   (4)253°・・・10.1ノット

【正解】(3)

★磁針路パターン(難易度4)
実航針路②流向①から、磁針路⑤を求める問題で、回答が磁針路を答えるパターンと到着地点の船位を答えるパターンの2つのパターンが出題されます。(所要時間記載あり)
出発点A点から実航針路②(実際に進みたい針路)の線を引き、同じく出発点Aから所要時間に海流の流れる位置C点を求め。C点から所要時間に進む船の距離円(対水速力の距離)をコンパスで記入して、実航針路線との交点Dを求める。
C→Dが磁針路(船首の向き)で、D点が到着点の船位となります。

問53のいずれも、所要時間を間違えないこと、流向は必ず真方位メモリで測定し磁方位メモリで間違って測定するケアレスミスをしないことが大事です。
また、★実航針路パターンの場合の流向の線は、海流がなかった場合の到達点Bから引くのに対して、★磁針路パターンの場合は、流向の線を出発点Aから引くことが重要なポイントになります。

【例題】
問53  春島の東方海域を速力10ノットで航行中のJ号は、午前10時45分に40°-10.0’N、140°-00.0’Eの位置に達した。この地点から夏島北東方海域 40°-20.0’N、139°-50.0’Eの地点を航過するように同一針路、速力で航行した場合、同日正午の船位(緯度、経度)はどこになるか。次のうちから選べ。ただし、この海域には流向070°(真方位)、流速4.0ノットの海流があるものとする。
(試験用海図W200使用)

 (1)40°-16.4’N、139°-53.6’E   (2)40°-16.9’N、139°-54.1’E
 (3)40°-17.4’N、139°-53.1’E   (4)40°-18.0’N、139°-52.0’E

【正解】(4)

◆小型船舶操縦士試験 試験対策 サイトマップ

※試験対策や問題の解き方などに関してのご質問がある場合は、どなたでも
 メールまはたお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
※記事の転載は禁ですが、リンクやシェアの場合はご一報いただけると幸いです。

関連記事

小型船舶操縦士試験 身体検査

小型船舶操縦士試験で行われる身体検査は、【視力】【色覚】【聴力】【身体機能の障害の有無】について

記事を読む

小型船舶操縦士試験 試験対策 サイトマップ

【試 験 内 容】  小型船舶操縦士試験の内容  1級・2級小型船舶操縦士 試験説明書(海洋

記事を読む

特殊小型船舶 実技試験内容

特殊小型船舶操縦士試験の実技試験は、試験場によって使用されるPWCが違いますが、YAMAHAのF

記事を読む

特殊小型船舶操縦士試験 学科試験内容

特殊小型船舶操縦士試験の学科試験は、下記の内容で行われます。 試験時間は50分です <科

記事を読む

1級小型船舶操縦士試験 学科試験内容

1級小型船舶操縦士試験の学科試験は、下記の内容で行われます。 試験時間は2級学科70分、1級学

記事を読む

2級小型船舶操縦士試験 学科試験内容

2級小型船舶操縦士試験の学科試験は、下記の内容で行われます 試験時間は70分です <科目

記事を読む

1級・2級小型船舶 実技試験内容

1級・2級小型船舶操縦士試験の実技試験は、一部の試験場を除いて、マーキュリー社のLS16(16フ

記事を読む

1級・2級 実技試験・トラブルシューティング編

1級・2級の実技試験の「小型船舶の取扱い」の試験項目のひとつに『トラブルシューティング』がありま

記事を読む

1級・2級・特殊 実技試験・ロープワーク編

◆実技試験では、ロープワークが「小型船舶の取り扱い」科目の中の出題項目の一つとなっています。また

記事を読む

実技試験 よくある失敗例 特殊(水上オートバイ)編

小型船舶操縦士 実技試験 よくある失敗例「特殊(水上オートバイ)」編 【発航前点検】 ①

記事を読む

2017年8月 小型船舶免許 更新失効講習日程・会場

2017年8月の小型船舶操縦免許 更新・失効再交付講習の日程をお知

2017年8月 小型船舶操縦士 試験日程・会場

2017年8月の小型船舶操縦試験(関東)の日程をお知らせいたします

Marine Carnival 2017

6月3日(土)、4日(日)と6月10日(土)、11日(日)に、一般

2017年7月 小型船舶操縦士 試験日程・会場

2017年7月の小型船舶操縦試験(関東)の日程をお知らせいたします

受講者voice 相模原市 K・Tさん [2級]

【2級レギュラーコース受講】 2017年4月 2級免許取得 相模原

→もっと見る

  • banner_umi-eki