1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その5

公開日: : 最終更新日:2018/05/10 小型船舶操縦士 試験対策 ,

chart5

1級上級科目の海図問題のパターン

問51-1パターンのみ(自差改正なし、海流なし)
★航行距離と船の速力から所要時間を求め、出航時間または到着時間を求めるパターン(難易度2)
自差の改正や海流も考慮する必要もなく単純に、出発点A、第1変針点B、第2変針点C、到着点Dを求め、A-B、B-C、C-Dの3つの航行距離を測定して、求めた距離を船の速力で割って所要時間を求め、それから出航時間または到着時間を求める問題です。
問52、53と比べて時間はかかりますが、出発点A点の求め方に若干の違いはあっても、変針点B、Cと到着点Dの求め方のパターンは全く同じなので、単純で簡単な問題です。

【例題】
問51  次のような航海計画を立案した。全航程を8ノットで航行し、D点に15時00分に到着するには、A点を何時何分頃に出航すればよいか。下のうちから選べ。ただし、風や海潮流の影響はないものとする。
(試験用海図W200使用)


 出航点A  :冬島南方海域 冬島灯台(Oc.6s)を磁針方位022°、山野港南東方の角埼灯台を
        磁針方位265°に見る地点から磁針路040°で航行
 第一変針点B:冬島灯台(Oc.6s)を左舷正横に見る地点で磁針路014°に変針
 第二変針点C:秋島北東端灯台(Fl(3)12s)を左舷正横に見る地点で変針
 到着点D  :秋島北方海域 40°-22.8’N、140°-06.2’E

 (1)10時05分頃  (2)10時25分頃  (3)10時45分頃  (4)11時05分頃

【正解】(3)

 

問52-3パターン(すべて自差改正あり)
★単純自差改正パターン(難易度1)
二つのコンパス方位を単純に自差で磁方位に改正してクロスベアリングで船位を求める問題。
コンパス方位から磁方位に改正するとき、自差のEは+、Wは-で改正してやればいいだけなので、一番簡単なパターンです。※自差改正のEとWの+-を間違えないこと。

【例題】
問52  馬島の西方海域を一定針路で航行中のG船は、馬島の西側灯台(Fl.4s)をコンパス方位083°、秋町北東方の東山山頂をコンパス方位350°に測定した。G船の船位(緯度、経度)は次のうちどれか。ただし、このときの船首方向に対する自差は5°Wであった。
(試験用海図W150使用)

 (1)30°-19.2’N、135°-18.9’E   (2)30°-19.7’N、135°-20.6’E
 (3)30°-19.9’N、135°-19.5’E   (4)30°-20.2’N、135°-18.7’E

【正解】(2)


★トランシット自差算出パターン(難易度2)
 山頂と灯台のトランシット(重視線)を引いて、その磁方位を求め、コンパス方位との差(自差)を求め。その算出した自差で、もう一方のコンパス方位を磁方位に改正して、二つの磁方位のクロスベアリングで船位を求めるパターンです。

【例題】
問52  秋島の東方海域を一定針路で航行中のG船は、南町南東方の鉄山山頂と同町南方の鹿埼灯台のトランシット(重視線)をコンパス方位035°、秋島北東端灯台(Fl(3).12s)をコンパス方位282°に測定した。G船の船位(緯度、経度)は次のうちどれか。
(試験用海図W200使用)

 (1)40°-18.2’N、140°-11.8’E   (2)40°-18.7’N、140°-12.1’E
 (3)40°-18.8’N、140°-13.2’E   (4)40°-19.4’N、140°-12.8’E

【正解】(1)


★レーダー方位改正パターン(難易度2)
コンパス方位を自差で改正した磁方位に、レーダー方位(相対方位)を足して物標の磁方位と距離で船位を求める問題。
コンパス方位A、自差B(E+、W-)、レーダー方位Cのとき、A±B+C=物標の磁方位を求め、コンパスで物標からの距離円と交差する点を求めるパターンです。

【例題】
問52  G船は、大東港の南方海域をコンパス針路005°(自差2°E)で航行中、レーダーにより大東市南西方の黒埼灯台を方位025°、距離5海里に測定した。G船の船位(緯度、経度)は次のうちどれか。ただし、レーダーは相対方位指示とする。
(試験用海図W150使用)

 (1)30°-17.0’N、134°-55.3’E   (2)30°-16.8’N、134°-55.7’E
 (3)30°-16.6’N、134°-56.7’E   (4)30°-17.2’N、134°-54.8’E

【正解】(1)

1級小型船舶操縦士 学科試験対策 その6へ

関連記事

小型船舶操縦士試験 身体検査

小型船舶操縦士試験で行われる身体検査は、【視力】【色覚】【聴力】【身体機能の障害の有無】について

記事を読む

小型船舶操縦士試験 試験対策 サイトマップ

【試 験 内 容】  小型船舶操縦士試験の内容  1級・2級小型船舶操縦士 試験説明書(海洋

記事を読む

特殊小型船舶 実技試験内容

特殊小型船舶操縦士試験の実技試験は、試験場によって使用されるPWCが違いますが、YAMAHAのF

記事を読む

特殊小型船舶操縦士試験 学科試験内容

特殊小型船舶操縦士試験の学科試験は、下記の内容で行われます。 試験時間は50分です <科

記事を読む

1級小型船舶操縦士試験 学科試験内容

1級小型船舶操縦士試験の学科試験は、下記の内容で行われます。 試験時間は2級学科70分、1級学

記事を読む

2級小型船舶操縦士試験 学科試験内容

2級小型船舶操縦士試験の学科試験は、下記の内容で行われます 試験時間は70分です <科目

記事を読む

1級・2級小型船舶 実技試験内容

1級・2級小型船舶操縦士試験の実技試験は、一部の試験場を除いて、マーキュリー社のLS16(16フ

記事を読む

1級・2級 実技試験・トラブルシューティング編

1級・2級の実技試験の「小型船舶の取扱い」の試験項目のひとつに『トラブルシューティング』がありま

記事を読む

1級・2級・特殊 実技試験・ロープワーク編

◆実技試験では、ロープワークが「小型船舶の取り扱い」科目の中の出題項目の一つとなっています。また

記事を読む

実技試験 よくある失敗例 特殊(水上オートバイ)編

小型船舶操縦士 実技試験 よくある失敗例「特殊(水上オートバイ)」編 【発航前点検】 ① 発声

記事を読む

JMRA 更新・失効講習料金改定のお知らせ

2019年10月の消費税率引き上げに伴い、講習機関である日本海洋レ

2019年9月 小型船舶操縦士 試験日程・会場

2019年9月の小型船舶操縦試験(関東)の日程をお知らせいたします

受講者voice 相模原市 Y・Sさん [1級]

【1級レギュラーコース受講】 2019年6月 1級免許取得 相模原

2泊3日 グアムでマリンジェット満喫 モニター募集

ヤマハシースタイル会員を対象に、9月上旬の2泊3日でグアムジェット

2019年9月 小型船舶免許 更新失効講習日程・会場

 ☆☆☆ お知らせ ☆☆☆  ボーノ(bono)相模大野(相模大

→もっと見る

  • banner_umi-eki
  • paypay_line